1. ホーム
  2. ブログ

ニュース

「住まいの提案、北海道 Vol.61 掲載

 

昨年竣工した旭川市 N邸が、
「住まいの提案、北海道 Vol.61に掲載されました。
お近くの書店にてお求めください。1冊444円(税抜)です♪

 

もっと読む >>

ブログ

年末年始

 
2021年になって、あっという間に1ヵ月が経ちました。
個人的な話ですが、去年実家を出て暮らし始めたので、
年末年始休暇は、実家に帰ったり自宅でゆっくり・ダラダラな休暇でした。
実家に帰ったとは言っても実家と自宅は、車で5分の距離で激近。(笑)
ですが、家族と朝から夜まで一緒にいたのは久しぶりで何だか、嬉しかったです。
基本的には家にいましたが、時々外に出る理由が、2つ。
食料買い出しと愛犬の散歩でした。去年から飼い始めた愛犬は、家にいるときは
何をしている時もペタペタ歩いてついてきます…(笑)
去年の春に産まれて初めての冬を経験し、雪の楽しさを知ってしまったようです。
横長の顔に潰れた鼻、短い足が面白くて毎日癒されています。
 

 
現場の方では、クロスの張替から外壁の塗装まで去年の倍の件数の
リフォーム工事を担当させていただきました。
新築工事とはまた違った現場管理の難しさをかなり実感しました。
お客様の自宅でのリフォーム工事では、マスク着用・消毒はもちろん、
作業人数を考えて密にならないようになどコロナ対策万全で安心して
頂けるよう作業をしました。
去年とは全く違う作業環境での工事は、気に掛けることは多くありましたが、
いつ何があるかわからない状況で様々な工夫をしていかなくてはならないなと
とても勉強にもなりました。これから新たに新築工事が始まるので、健康管理
をしっかりとして安全に作業を進めていきたいと思います。
落ち着かない日々が続きますが、お気を付けてお過ごしください!
 

 

工事グループ 笠谷でした。

もっと読む >>

ニュース

年末年始休業のご案内

 
今年も残すところ、あとわずかとなりました。
 
本年も格別のご高配を賜り改めてお礼申し上げます。
 
弊社は 2020年12月26日(土)より 2020年1月5日(火)まで
 
休業とさせていただきます。
 

年始は1月6日午前9時から通常営業となりますので、
 
引き続きお引き立ての程、お願い申し上げます。
 
皆様におかれましては、どうぞ良いお年をお迎えください。
 
 

住宅事業部 スタッフ一同より

もっと読む >>

ブログ

「感謝!!」

 
2020年も残り僅かとなりました。
今年は春先からのコロナ禍の中で普段と違う1年となりましたが、
新築工事のほか、たくさんのリフォーム工事を施工させて頂きました。
 

 
HKハウスに御用命下さいましたお客様、
携わって頂きました協力業者の皆様には大変お世話になり、
ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。 

   
営業設計グループ 中江 

もっと読む >>

ブログ

今年のハロウィン

いつの間にか吐く息が白くなるころとなり、温かい鍋が恋しい季節となりました。
 
 昨年まで、子供の英語教室のイベントに合わせてのハロウィンを楽しみましたが、
今年はコロナ禍でイベントが中止になり、自宅で子供の友達を呼んで、
ハロウィンパーティーをする事となりました。
 
 今年のコスチュームは絶対に『鬼滅の刃』にするというので、10月初めより準備をしました。
そして、前日、何か変わったことをしたいという子供たちからの案で、
偶然家にあった大きなダンボールを使って、『顔出しパネル』を作る事になりました。
ハロウィン風の暗い背景に、コウモリ、ネコ、スケルトンを描いていました。
顔の部分の穴開けのみ手伝って、パネルと立てる所も二人で工夫していました。
 
ハロウィンパーティー当日、コスチュームを着て、ワイワイ盛り上がっていました。
顔出しパネルも「スゴイ~!」と言われて、子供たちも大喜びでした。
イベントは中止になったけど、楽しく過ごすことが出来た1日でした。
 

 今年も残すところ2ヶ月となりました。
 
 弊社のモデルハウスですが、11月7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)にて
10時~17時までオープンしております。
新型コロナウイルス感染拡大防止対策を徹底しておりますので、見学ご希望の方は、
ぜひ、お越しください。お待ちしております。
 
営業設計グループ 中江 梓でした。

もっと読む >>

ブログ

寒い朝

 
 
9月中旬までの暑さは何処へやら、朝晩には暖房が欲しい今日この頃。
そんな中、先日お引渡した住宅に取り入れた面白い電気ストーブを
ご紹介したいと思います。
 
ここ数年来、弊社でも新築時に薪ストーブを備え付ける住宅も多く、
実際にメインの暖房用として活用されているお客様もいらっしゃいます。
やはり、鋳物の輻射熱による心地良い暖かさと、炎の揺らぎを味わう豊かさには
捨てがたい魅力があります。
 
しかしながら、現在の高気密住宅との兼ね合いから、吸排気に仕掛けを施したり
薪の手配やストーブ本体・煙突のメンテナンス等 ストーブのお守 も必要なため、
便利さに慣れてしまった現在、皆様にお勧めとも言えません。
そんな中、暖房器具としての能力はさておき、光と水蒸気で炎を演出する
電気ストーブの登場です。以前から、気にはなっていたものですが
実際に建物に組み込んだのは今回初めて。
マントルピース風のしつらえの中に電気ストーブを設置しました。
炭化しつつある薪のオブジェにオレンジ色のライトをあて、水蒸気で炎の揺らぎを
演出します。そして、少し暖かいです。(主暖房は、エコジョーズの床暖です)
 
炎を再現とまではゆきませんが、部屋のわきで赤い揺らめきが
暮らしに色どりを添えてくれます。
 
営業設計グループ 田中
 

もっと読む >>