1. ホーム
  2. ニュース&ブログ
  3. 2019年10月の記事一覧

ブログ

災害疑似体験

 
この度の台風19号により、お亡くなりになった方々に心よりお悔み申し上げます。 
また、被災された皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。 
 
旭川は全国的にみても災害が少ない地域ではありますが、最近の異常気象をみても、油断は禁物です。先日の台風被害をニュース映像でご覧になった方も多いと思いますが、旭川は、川に囲まれた街です。「わがこと」として、ハザードマップなどで身の周りの危険地域を知っておくのも大切ですね。 
備えには、体験もまた重要なポイントです。昨年の大規模停電を体験してからは、携帯ラジオやカセットコンロ、懐中電灯を購入された方も多いと思います。 
 
今年の春に、千歳市防災学習交流センターへ行ってきました。 
ここは無料で災害の疑似体験ができ、防災に関する知識や、災害が発生したときの行動を学ぶことが出来ます。実際に東日本大震災や熊本地震を体験してきました。震度3以上の地震を体験した事が無かった私は、縦揺れの恐ろしさと、立っていられない揺れに驚きました。周りに家具があったらひとたまりもありません。TVも簡単に倒れます。いや飛ぶかも!? 
転倒対策は必要だと実感しました。 
煙避難体験もでき、煙が充満し、停電を想定した建物の中を、誘導灯を頼りに出口を探すのですが、もしこれが初めてきた場所や、たった一人だったらと思うと、冷静に判断できるか不安になりました。 
お子さんが将来他の地域へ進学、就職した時にもきっと役立つと思います。 
旭川から千歳まで高速で2時間です。ぜひ、家族で、会社単位で体験される事をおススメします。 
 
007
015
営業設計グループ 齊藤でした。

もっと読む >>

ブログ

食べマルシェ

 
 実りの秋たけなわの9月14日から16日の3日間、旭川では10回目を迎える 
食べマルシェ2019が開催され、大変な賑わいを見せていました。 
 
そんな中、我々が所属する北海道建築士事務所協会旭川支部でも、 
常磐公園キッズマルシェの一角に 
「折って飛び出てジャジャジャジャーン‼めざせ折り紙建築士」 
のブースを設け、食べマルシェに花を添えるとともに、 
子供たちに建築に興味を持ってもらい将来の人材育成を図る活動を行いました。 
 
 あらかじめプリントされた型紙に好きな色を塗り、 
線に沿って切込を入れ折り曲げると、 
家の形が立ち上がってくる面白い仕掛けに下は2歳くらいから、 
上は付き添いのお母さんまで、皆 真剣に取り組んでくれました。 
 
 なんと、完成後には折り紙建築士の認定証が授与され、 
キャンディーと風船のお土産付きの至れり尽くせりの おもてなし。 
以前に住宅を建てて頂いたお客様も何組かお見えになり、 
お子さんの成長にも目を見張るものがありました。 
 
 この形での参加は5回目を数え、今年は過去最高の800名のご参加を頂きました。 
私も、周りのおいしそうな出展ブースからのいい匂いの誘惑にも負けず 
小さな子供たちにものづくりの面白さを伝えるべく、奮闘したのでありました。 
 
DSC_0103
賞状
営業設計グループ 田中

もっと読む >>