1. ホーム
  2. ブログ

ブログ

今年、来年以降にマイホームをお考えの皆様へ


・土地探しもご相談下さい。
・住宅ローンのご相談も承ります。
・在来工法(プレカット)で建設致します。
・道の推奨する北方型住宅2020、北方型住宅ECOの仕様で建設致します。
・きた住まいるに完成後の家の性能等を登録保管できます。
・設計は、ご要望、ご予算に合わせてご提案いたします。
・断熱性能、耐久性、雪処理等も合わせてご提案いたします。
・素材の選択も天然素材、メーカー素材等をご提案致します。
・補助金、長期優良住宅、省令準耐火構造等もご対応いたします。
・薪ストーブ、太陽光発電もご相談下さい。
・メンテナンスは、1年、2年、5年、10年と点検させて頂きます。
・札幌、旭川、東京の建築家設計物件も建設しております。
・住宅以外に医療施設、福祉施設、商業施設なども対応しております。
・建設エリアは、旭川市、札幌市、稚内市、道央、道北です。
 

あなただけのオンリーワンのご自宅をお創りいたします。
 

HKhouseへ是非一度ご相談下さい。
 
 
HKhouse一同

もっと読む >>

ブログ

アスベスト(石綿)事前調査が義務化

 
皆さま、お元気でお過ごしでしょうか。
コロナ、ウクライナ戦争、値上げの波と悪いことばかりが続く
今日この頃ですが本当に困ったものです。
建築資材、人件費は、値上がり続け、そして品不足です。
物件のお見積りをしても、お客様のご予算と積算価格がかけ離れていて
何度も、設計や積算のやり直しが続いています。
それでも道北管内、道央管内で7件程仕事が決まってきています。
お客様満足を目指して今年も頑張ります!
 

さてお話は少し変わりますが、4月から改正されましたアスベスト(石綿)に関して
事前調査が義務化されました。
例えば親や祖父母の家を解体してそこに新築住宅を建てる場合、
解体前にアスベストの含有する建材等がないか調査して労働基準監督署、
自治体などに報告することになります。
そのため、調査と分析結果に時間がかかるのと、アスベストがある場合、
先に有資格者による撤去作業をしなければなりません。
解体費用とは別に費用が発生します。
よくこの事をご理解して家づくりにとりかかることが重要になりました。
判らないこと、ご質問があれば住宅事業部へご相談ください。
また、家づくりに使える補助金等もありますので、お早めのご連絡お待ちしております。
 

下記は3月、宗谷岬方面の漁師さん新築住宅地鎮祭の日の岬の写真です。
 

住宅事業部部長 村上でした。
 
 

もっと読む >>

ブログ

住宅雑誌掲載

 
昨年、当社が施工させて戴きましたU邸とM邸が、
住宅雑誌に掲載されました。
 
住まいの提案北海道は「愛犬と暮らすドッグランを備えた平屋の住まい」
リプランは札幌市内の「大きな吹き抜けのある開放感に満ちた住宅」
どちらも雑誌の取材に立ち会いましたが、
お施主様ご本人がモデルとなってカメラマンの要望に照れながら
対応している様子が微笑ましかったです。
書店にて発売されておりますので、 是非ご覧になってみて下さい。
 
 
営業設計グループ 齊藤でした。
 
 

もっと読む >>

ブログ

現場研修

 
2月2日より1か月間の研修ということで、弊社建築部が行っている
大規模工事の現場へ行ってきました。
朝早くに行って、現場のゲート開けから始まり、墨出し、測量に除雪、
現場写真撮影など気付けば5時過ぎまでやることが絶えず、
くたくたになりながらも充実した疲労となんとなくの自分の成長を感じていました。
自分はこれまで木造住宅の現場ばかり見てきたので、鉄骨建方や360tクレーンなど
初めて見るものばかりの1か月となりました。
 
そういえば大型のクレーン車ってブーム部分を解体して車体と別々に搬出入するんです。
面白くて解体搬出の一部始終ずっと見てしまいました(笑)
 
さて、あと1か月程で新年度が始まります。自分もついに入社から1年…
2年目はなんとか資格取得もしたい!!
 
コロナや世界情勢など不安な日々は続きますが、
一刻も早く平穏な生活に戻れることを願うばかりですね。
 

以上、工事グループ杉目でした。

もっと読む >>

ブログ

「私の休日」

 
コロナ禍で、すっかり出不精ぎみの私ですが、これと言って趣味も無く、
家でなにか出来ることは無いかと考えて時間が過ぎておりました。
ある日、知り合いからプラモデルを進められ、ちょっと試しに作ってみたのが、
みごとにハマりました。プラモデルと言えば、私が小学生の頃によく作っていましたが、
40年ぶりに次々と作ってます。
自宅には、私専用の2帖程のスペースがありまして、築15年にして、
ようやく活用しているところです。
子育ても落ち着き、自分の時間を大切に、プラモデルを楽しみたいと思います。
 
皆さんは、どのような休日を過ごされてますか。
早くコロナが終息することを願う
工事グループ 成田でした。
 
 


もっと読む >>

ブログ

留萌の家

 
留萌市で施工してた住宅が完成しました。
 
「道産建築材利用支援事業」の補助金を受け、道産材を積極的に使った
温もりのある住宅となりました。
構造の製材にも出来る限り道産材を活用し、外装の一部に道南杉羽目板、
内部床のフローリングには道産ナラを使用しています。
改めて道産材料の良さを感じる建物になりました。
また、外壁にはケミューSOLIDOを使用しています。
セメント系材料特有の風合いがあり、経年変化を通じて、
素材の白華がゆるやかに移り変わるよう様子が楽しめます。
 
ウッドショックの渦中、供給が困難時期に納入業者の皆様には
納期や納入量を協力して頂きありがとうございました。
また、完成見学会を開催する予定ではありましたが、
新型コロナの影響もあり、やむを得ず中止といたしました。
 
心せわしい年の暮れ、何かと御多用とは存じますが、
何卒お気をつけて年末をお過ごしください。
 
営業設計G 中江でした。
 

もっと読む >>