1. ホーム
  2. ブログ

ブログ

すっかり日も短くなり

 
すっかり日も短くなり、朝晩は火の気が欲しくなるきょうこのごろ。
我々の建設業にとっては、冬の到来を意識せざるを得ない時期となってきました。
しかしながら、まだ気候の穏やかな日も多く過ごしやすい季節でもあり
有意義に過ごしたいものです。
そんななか、北海道立旭川美術館で行われている「北斎展」に足を運び、
芸術の秋を堪能しました。
私も、はるか昔の学生時代、イラスト研究会というサークル活動(とはいっても実態は、
宴会や合宿以外は自主性を重んずる友好団体)で、
こういった展覧会に足繫く通ったものでした。
今回の「北斎展」で初めて実物の 赤富士、波富士等を目の当たりにして、大胆な構図と
独特の色使いに感動したとともに、意外に作品自体のサイズは小さく、
細部の緻密さに驚かされました。
又、これら代表作ともいえる「冨嶽三十六景」は、北斎60歳過ぎてからの作品で、
さらにこの後も、新たな技法や作風を探求し続けたとのことでした。
還暦を過ぎても、まだまだ新しい技術への挑戦を忘れてはならないと
教えられた展覧会でした。
 
「北斎展」は、11月27日まで、北海道立旭川美術館で開催中です。
 
田中雅己 63歳
 

もっと読む >>

ブログ

~夏休み~

 
今年はコロナ禍となってから初めての行動制限のない夏休みを迎えました。
まとまった休みはお盆期間中の4日間だったものの、日曜日を利用しながら、
子供たちを海へ山へと連れて行きました。
久しぶりの海に洋服を濡らしてしまうハプニングはあったものの、
中学1年生、小学5年生になった二人を見て、あと何年、一緒に遊びに行けるのかな・・・
と、子供たちの成長はうれしいような寂しいような気分になりました。
 
 

 
 先日、介護保険を利用した玄関ポーチ階段に手摺を取付ける工事を行いました。
お客様から、そのような小さな工事はしないのかと思っていたと言われましたが、
弊社ではどのような工事でも施工しますよと答えるとびっくりされておりました。
 

 
 大型物件のみを工事しているイメージがあると思うのですが、
例えば、介護保険を利用した手摺の取付や段差の解消など小規模な住宅改修も、
ケアマネージャーや地域包括センターの方が必要と認めたものに限りますが、
旭川市への申請から完了届まで、弊社の方で行うことも出来ますので、ご相談ください。
 
 
 
営業設計グループ 中江 梓でした。
 
 
 

もっと読む >>

ブログ

LIXILインテリア施工例コンテスト

 
先日、嬉しいお知らせがありました。
 
LIXIL主催のコンペ『コンペ デ ラシッサ2021-2022』で
北海道ブロック賞を頂きました!!
※下記URLに記事が掲載されています。
 
https://www.lixil.co.jp/lineup/livingroom_bedroom/s/livingdeli/living/5386/
 
LIXILの建材を使用した住宅が対象のコンテストで、
全国からたくさんの応募があるなか、選んで頂き感激です!
これからもお客様に寄り添い、
喜んで頂けるコーディネートができるよう頑張ります!
 
 

 
 
営業設計グループ 齊藤でした。

もっと読む >>

ブログ

キャンプ道具を買いました!

 
こんにちは!入社二年目の杉目です。
 
近頃段々と暑い日が多くなってきましたね!
皆様、そろそろキャンプの時期ではないでしょうか。
私も近年この時期はソロキャンプに行っていますが、
今年は資格試験の勉強のため自粛しております。
 
そんな中ですが、先日、改修工事の現場で一緒になった
設備屋さんからおすすめキャンプギアを教えてもらい、
GOAL ZERO LEDフラッシュランタンを買ってみました。
 
片手に収まるサイズなのにかなり明るい!調光可能で
懐中電灯としても使え、バッテリーも長持ちということで
これ一個あればミニマムキャンプでかなり使えるなーと思いました。
早速今度のキャンプに持って行って使ってみます!!
 
と、その前に二級建築士の学科試験があります。
私は勉強が得意な方でないのでなかなか苦労していますが、
試験まであともう少し。なんとかやれるだけやり切って
是非ともよい報告をしたいところですね。
おっと、そろそろ休憩時間が終わるので勉強に戻ります。
 
 

 
 
それではまた。 工事グループ 杉目でした。
 

もっと読む >>

ブログ

新入社員の秋山です!

 
今年の4月より住宅事業部に配属致しました、秋山です。
4月の入社式からあっという間に月日が経ち、5月が終わろうとしています。
見るもの聞くものすべてが新しく覚える事が沢山で大変ではありますが、とても充実しています
 
コロナ禍で少し気持ちが下がってしまう事があると思いますが、ここ二か月の間にあった私のプライベートのお話で皆様の気持ちが少し晴れればいいなと思います。
 
社会人になって最初の楽しみは初任給ですね。
私は四人兄妹で私が最後の学生なので、長い間お世話になった親に初任給でプレゼントを渡しました。母はプレゼントを見つめながら泣いて喜んでおり、父は少しお酒も入っていたので照れながらも嬉しそうな顔をして家族に自慢していました(笑)
 
GWでは中々会えない函館の友人に会ってきました。
そこで「八幡坂」と「函館の裏夜景」の写真が撮れたので皆様に見ていただきたいです。
 
休日は母と姉と旭川のリゾット専門店「GAKU」でランチをしました。
種類が沢山あり母も姉も選ぶのに苦戦していました。
とてもおいしかったので皆様も是非行ってみてください!
 
八幡坂

函館の裏夜景

「GAKU」リゾット専門店

 
以上、営業設計グループ秋山でした。

もっと読む >>

ブログ

HK houseのZEH (ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み 

 

2021年度実績報告

 
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、快適な室内環境を保ちながら、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等によりエネルギーを創ることで、一年間で消費する住宅のエネルギー量が正味(ネット)で概ねゼロ以下となる住宅。(但し75%省エネ達成したものをNearly ZEH。多雪地域でUa値0.4以下・1次エネルギー削減率20%以下のものをZEH Orientedと呼び、北海道ではこれを目標とする)
 
HKHK houseでは以下の目標を掲げ、2016年に ZEHビルダー登録を完了、2021年に継続登録しております。
 
今後のZEH普及目標(全引渡し住宅戸数の内ZEHの占める割合)
 
2025年までに、全引渡し住宅の内 ZEHの占める割合を、50%を掲げております。

 
2021年度実績報告
 
 2020年および2021年としては、残念ながらZEH施工実績がなく目標未達成となりました。
しかしながら、2018年4月にZEHとして建設したHKコートモデルハウスにおいて
コロナ禍の状況の中、感染防止対策を取りつつ、ZEHの普及活動を行いました。

 
ZEHの普及に向けた対策
 
前述のモデルハウスは先日販売完了し、購入したお客様によりZEHのメリットを
実感頂いているところであります。今後、新たなZEHの普及拠点としてのモデルハウスを計画中です。
多雪地域におけるZEH Oriented設定及び各種補助事業の充実等を追い風に北海道でのZEHの普及のために、技術的な方法論の確立に合わせ、住宅取得者へのご理解を得るべく努力を続けてゆきたいと思います。

もっと読む >>