1. ホーム
  2. ニュース&ブログ
  3. 2018年03月の記事一覧

ニュース

ASJ旭川スタジオ:第23回未来をのぞく住宅展開催のお知らせ

 
第23回未来をのぞく住宅展 
- 建築家との無料相談会同時開催 - 
 
ポスター04_01 
【日 時】 5/12()・13(
***** 10:00~17:00 
 
【場 所】 デザインギャラリー(入場無料) 
***** 旭川市宮下通11丁目 蔵囲夢コレクション館内 
***** キッズコーナー有 
 
【駐車場】 蔵囲夢駐車場をご利用ください。 
 
 
~ イベントに関するお問い合わせ ~ 
ASAHIKAWA-STUDIO 旭川スタジオ 0120-25-3159

もっと読む >>

ブログ

ご先祖探し始めました。

 
どうも部長です。 
東京タワーと同じ生まれの私は、今年還暦を迎えました。 
60歳になったら始めようと思っていました、父方のルーツ探しを一年早く 昨年から開始しました。わが家にまことしやかに伝わっている話は、 
 
・兵庫県丹波のある村が発祥で、その地の造り酒屋で祖父(長男)が生まれた。 
・酒の名は、『公卿泉』(くげいずみ)という。終戦頃に廃業。 
・家紋は、㊤(丸にうえ) 
・代々曹洞宗 
 
あの有名な村上水軍と同じ家紋ですが、今のところ関係ないと思います。 
祖父が大正初期に網走町に移住し、父と私は網走市で生まれです。 
何故、網走の地に移り住んだのかは判りません。 
網走役場(当時)の職員だったそうです。 
長男だった祖父は、造り酒屋を継ぐのが嫌で、北の果てまできたのでしょうか。 
 
SN3I00080014 
ネットで調べると、歴史記録に村上酒造(公卿泉)は、 
安政6年(1859)に丹波初の酒造業を始めたとあります。 
跡地をネットで見つけ、祖父の戸籍に記されている移住前の住所ともほぼ一致。 
(ネットは、すごい!) 
昨年、現地を訪れ、酒造跡地に建つ診療所の院長先生に訳を話し、 
写真を撮らせていただきました。 
 
DSC_0050 
DSC_0054 
そこには、酒造時代からあるクスノキと酒を造るための湧き水採取場所が、 
院長先生の計らいで、残っていました。 
祖父もこのクスノキを見ていたのかなと思うと、感慨深いものがあります。 
院長先生に裏山のお墓まで案内していただき、 
㊤の家紋の入ったお墓郡をみて またびっくり。 
江戸時代から大正時代と明記されているお墓が、十数基建っていました。 
お墓の年代から、この地に300年近くは、住んでいたみたいです。 
 
DSC_0067
この地の無人駅に降りたときには、なにも見つからないかなぁと思っていましたが、 
まさかの着いて二時間で、一族のお墓とご対面とは!これもご先祖の導きでしょうか。 
院長先生とまたお会いすることを約束し、帰路に就きました。本当に感謝です。 
除籍謄本を取り寄せ、私から5代前(約220年前)のご先祖の名と生年月日が判りました。 
菩提寺(臨済宗でした)もみつかり、あとは過去帳とお墓を詳しく調べてみたいと思います。。 
お寺で聞いた話では、約100年ちかく疎遠になっている親族は、もうこの地には、 
住んでいないそうです。いつか、会えればと思います 。
酒造りの前は、なにを生業にしていたのか気になるところです。 
ご先祖様に恥じない様、残りの人生を生きていきたいものです。 
ルーツ探し、ちょっとワクワクしますよ。あなたも、ルーツ探し始めてみませんか。 
 
※現在、新モデルハウスを末広東に建設中です。 
太陽光+融雪槽を利用した地下水採熱の家 
4月末オープン予定です。お楽しみに。 
 
戌年の部長でした。

もっと読む >>

ブログ

はじめてのフレンチ

 
こんにちは。 
営業設計グループの、まっちゃんこと松井です。 
 
先日は知人と一緒に、札幌のとあるモダンなフレンチレストランに行ってきました。 
 
私にとってフレンチは人生初。 
フレンチは敷居の高いイメージで なかなか入る勇気がなく、知人を盾に入店。 
 
席に着いて、目に入る光景はこちら。 
 
フレンチ①
ありとあらゆるものが高そうに見えて、ビビる松井。挙動不審になる松井。 
 
そして待ちに待った料理達。 
 
フレンチ②
スタッフさんに1品1品丁寧に食材の説明を受けるも、緊張しすぎて耳がトンネル状態。ごめんなさい。
何もかもが美術品みたいな料理で、食べるのがとても勿体ない気持ちでした。完食でしたけどね。
ラストはデザート。 
 
フレンチ③
どこまでも気を抜かないのが、驚き。 
料理だけではなく、食器類もお洒落なのがまた良い。 
 
そんな感じでフレンチデビューは無事に幕を閉じることが出来ました。 
次は何デビューしようか考え中です。

もっと読む >>