1. ホーム
  2. ブログ

ブログ

鯨を食す

 
先月東京へ出張に行った際、ホテル近くに偶然クジラ料理専門店を 
見つけました。年に一度くらい鯨ベーコンを買って食べるくらいですが、 
子供の頃、鯨の竜田揚げ(給食)で育った私には、なんだかワクワクして 
お店に入りました。メニューは、ほんとに鯨料理オンリーで、オヤジさんに相談して 
コースを頼むことにしました。鯨は、2種類の部位を料理しているそうで、 
写真の料理を出してもらいました。 
 
DSC_0020
DSC_0021
DSC_0023
DSC_0022
オヤジさんの鯨料理の説明を聞きながら 
食べたことのない部位のお刺身、サラダ、ステーキ、脂身の酢もの?、握り寿司を 
ビールと日本酒で流し込みました。本当に美味しかったです。 
鯨に関しては、世界で肩身の狭い思いをさせられている現在の日本ですが、 
守っていきたい食文化のひとつですね。 
残念ながら、竜田揚げは、食べれませんでした(満腹のため)。次回は、竜田揚げを 
食べながら、もう少し大きく育ちたいと思います。 
 
追伸、地下水で暖房する極寒時期のモデルハウス見に来てください。 
 
マッコウクジラのような部長でした。

もっと読む >>

ブログ

冬本番

 
 年も明けて早1カ月。雪と寒さも一段と身に染みる今日この頃。 
例年より心持少ないとは言え(あくまで個人的感想です)、 
雪かきに追われる季節となりました。 
 
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。 
 
私も今月とうとう還暦を迎え、赤いチャンチャンコを着て 
家族に祝ってもらったところです。 
まだまだ老け込む年齢ではありませんが、冬を迎えるたび除雪・排雪に掛ける労力が 
身にこたえるのも事実です。 
 
 HKhouseでは、北国の寒さと雪は避けられないものとして、除雪と室内暖房、両方に生かせる融雪槽を利用した、地下水採熱ヒートポンプシステムをモデルハウスの暖房に 
採用し、初めての冬を迎えています。 
 
道北では初めてのシステムとしてヒートポンプメーカーのサンポットさん協力のもと、 
継続して実証データの採取に取り組んでいるところです。 
 
1,2月は、公開時以外低めの室温設定にしていますが、快適な温熱環境と融雪槽の実効性を実感しているところです。今後、実証データと照らし合わせ、これからの住まいの提案に活かして行きたいと思います。 
 
 
外気-7℃ 雪を投入前の融雪槽の水温5℃ 
DSC_0282 
室内で暖房設定21℃のところ現状室温24℃~25℃ 
DSC_0293 
地下水を汲み上げております 
DSC_0284 
アプローチ・駐車スペースに積もった雪(積雪約15cm)を融雪槽に投入 
DSC_0286 
約30分ほどで除雪完了!!  
IMG_4702 
営業設計グループ 田中でした。

もっと読む >>

ブログ

東京丸ビル 松の丸太杭

 
先日、所用で東京丸の内周辺を散策してきました。 
丸ビルのオフィス側のホールには、旧丸ビルが解体された時に出てきた 
松の丸太杭が展示してあります。 
ホール床のガラス越の杭は当時使われた物で、95年以上たった今でも 
腐らず現状もきれいに保管されています。 
木杭は全部で5400本以上打ち込まれていたそうです。 
壁にはレプリカが展示され、3階建てほどの高さがあります。 
下から見上げるとその高さに圧倒されます。 
土の中で90年以上も建物をささえ続けた木杭(自然の力)と、 
それを打ち込んだ当時の人々にあっぱれですね! 
 
IMG_9146
4年前に訪れた時は東京駅前の広場はまだ工事中で、 
駅全貌を見渡すことができませんでしたが、 
今回はすっかり綺麗に整備され、美しくライトアップされていました。 
この日は天気も良く、たくさんの人がこの広場で写真を撮ったり、 
座ってくつろいでいました。日本の中心、顔ともいえるこの場所が、 
こんな素敵な場所になって嬉しくなりました。 
世界中からたくさんの人が訪れて欲しい場所の一つです。 
 
IMG_9140
IMG_9149
皆様におかれまして年末ご多忙の折かと存じますが、 
お身体にお気をつけて、良き新年をお迎えください。 
来年もどうぞよろしくお願いいたします。 
 
営業設計グループ 齊藤

もっと読む >>

ブログ

年末年始休業のご案内

 
今年も残すところ、あとわずかとなりました。 
本年も格別のご高配を賜り改めてお礼申し上げます。 
 
2018年12月29日(土) より 2019年1月6日(日) まで 
年末年始休業とさせていただきます。 
 
新年は 1月7日(月) 午前9時 から 通常営業 となりますので、 
引き続きお引き立ての程、宜しくお願い申し上げます。 
 
皆様におかれましては、どうぞ良いお年をお迎えください。 
 
 
住宅事業部 スタッフ一同より

もっと読む >>

ブログ

リフォーム

 
今回のブログは、リフォームの紹介です。 
八月末より工事致しまして、1ヶ月弱で完成しました。 
 
 
外壁・屋根の塗装、サッシの取替、 
キッチン・洗面化粧台の取替、和室を洋室に改修等、 
主な改修内容です。 
 
 
まずは、外部サッシをアルミから樹脂サッシへ取替、 
外壁・屋根の塗装を塗り替えました。 
 
外部改修前 
外部改修前
 
外部改修後 
外部改修後 
外壁や屋根の色は、元々の色と変えなかったので、 
劇的な変化はありませんが、 
サッシを樹脂サッシへ取替えたので、 
今までよりも内部は暖かくなったと思います。 
 
 
次はキッチンです。 
 
キッチン改修前 
キッチン改修前
 
キッチン改修後 
キッチン改修後
 
 
奥様の選ばれた色で、温かい雰囲気になりました。 
 
また、タカラスタンダードのキッチンで、 
キッチンパネルは磁石の小物が付けられたり、 
シンクの下に食洗器を付けられたり、 
使い勝手も良いとの事です。 
 
 
今後もリフォームのご紹介が出来たらと思います。 
 
 
我が家のキッチンもリフォームしたいなぁ・・・と思う、 
営業設計グループ 中江でした。

もっと読む >>

ブログ

還暦一人旅~神様の領域へ

 
10月で60歳になり、休暇をとって10月某日に初めての伊勢参りに出かけました。 
 
<一日目> 
旭川空港を15時過ぎに出発して中部国際空港からフェリーで津市へそこから電車で伊勢市に到着したのは、20時30分を過ぎたころ。 
伊勢市遠ーいです。 
 
<二日目> 
早朝6:09発の電車で、二見浦駅へ。 
お伊勢参りの最初は、二見興玉神社から始めるそうです。夫婦岩は、有名ですよね。 
参拝と御朱印を頂き、そこから海岸線を30分ほど歩いたところにある御塩殿神社で参拝を済ませ、二見浦駅から伊勢市駅へ。 
外宮→猿田彦神社→内宮→おがけ横丁→月読宮→倭姫宮→月夜見宮と参拝し、本日終了。 
行ったことがある方は、判ってもらえると思いますが、距離にして約25km歩きました。車でまわるのが、正解なのでしょうが、今回はなるべく自分の足で宮を目指しました。そのため、早くも足の皮が水膨れになり、夜5時過ぎにホテルに到着。 
それでも、地元の料理屋で、三重の地酒とアワビ、小さな伊勢海老、松坂牛?を食し、就寝。 
 
<三日目> 
早朝6:00の電車で、最も遠い別宮2か所へ向かいました。電車で約2時間の滝原駅へ。 
絵にかいたような渓谷のある山の中で、徒歩25分で皇大神別宮瀧原宮に到着。 
 
S__137732100 DSC_0732
そこには、守衛さんと宮司さんと私の3人しかいない神様の領域でした。とても厳かな自然のなかの神殿という感じです。偶然に1日3本しかないバスに乗れ、松坂市へ(2時間半)。 
そこから、電車で1時間半揺られて上之郷駅へ到着。最後の目的地の皇大神別宮伊雑宮は、駅の近くにありました。 
参拝(御朱印)を終えて、電車で伊勢市へ向かう途中、鳥羽水族館に寄り道し、ジュゴンとお魚たちに面会。伊勢市には、17時到着。 
DSC_0797
お伊勢参り終了。この日、目標の御朱印をすべていただいた御朱印・・・ 
二見興玉神社・外宮・内宮・月読宮・倭姫宮・月夜見宮・瀧原宮・伊雑宮・猿田彦神社でした。 
DSC_0829 DSC_0830 
<四日目> 
午後から三重県の住宅フォーラムへ出席のため、津市へ向かいました。 
名古屋行の特急列車に乗り、津市へ到着。ぼーっとしていたのか、改札口で、リュックを荷棚に忘れたことに気づきましたが、すでに電車は、名古屋へ! 
駅員さんに連絡して、時間つぶしに近くの三重県護国神社で参拝。 
10社目の御朱印を頂いたときに、駅より連絡があり、無事にリュックは戻ってきました。近鉄の駅員さんありがとう! 
お昼になったので、駅近くの鰻の大観亭さんで、うな重(旨い!)を食し、フォーラム会場へ。 
DSC_0822 
各都道府県の関係者の方々との交流を終え、ホテルへ。 
 
<五日目> 
津市からフェリーで中部国際空港へ。そして、旭川空港へ無事到着。 
 
 
伊勢神宮の神聖な領域に少しだけ触れることができ、充実した旅でした。 
万歩計は、約7万8千歩。意外と歩ける自分に自画自賛。 
来年は、出雲大社を目指そうと思っています。 
 
部長でした。

もっと読む >>